Category Archives: 未分類

私自身、毎日漢方の漢方薬を利用しています。

私自身、毎日漢方薬を利用しています。飲み方については非常に簡単です。

多めのお水といっしょに飲みやすい大きさの漢方薬を飲むだけで大丈夫です。

気になるニオイなどもありませんし、ただ飲み忘れないように心がけるだけです。


私は婦宝当帰膠を飲んでいるのは、赤ちゃんのためなのは持ちろんですが、私自身の体にも良いということなので、今後も継続して飲んでいくつもりです。妊娠するにあたり葉酸などの必要な栄養素が存在するなんて、不妊治療するまで知らないことでした。


葉酸は特に妊娠には絶対に必要な栄養素で、さらに、普段の食事では中々摂ることができない栄養素なんですね。


婦宝当帰膠の飲用をするようになってから、割とすぐ妊娠したので、以前は、血液が足りていなかったのだと思います。

葉酸の効能にはさまざまあり、赤ちゃんが発育していくなかで脳や神経をつくり出すという事で、妊娠している間は自分の分だけではなくて、2人分が必要となってくるので不足しやすくなるとも言われています。特定保健用食品として指定されており、赤ちゃんの二分脊椎などのような重い、神経間閉塞障害を予防するような効果もあると書かれており、積極的に摂取するのが望ましいです。

だいぶ前にオトモダチに聞いた桂枝茯苓丸がすごく良いです。

葉酸と合わせて、妊娠中に摂らなければならないビタミンを補うことができるのです。

それに加えて、今まで悩んでいた冷えも改善されてきたのです。

私の場合、漢方薬を飲み初めたのは赤ちゃんにいいと聞いたからですが、私自身の体調も改善されてきたので、出産後も飲み続けるつもりです。


不妊の要因の1つとして血行不良からくる冷え性があ原因と考えられています。

その冷えを根本的に改める為に、食事を考えるのが重要になるワケですね。


身体をを芯から温めてくれる生姜や根菜などを意識的に食事の中に取り入れて、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自力で出来る体質を良くする道でしょう。

今の時代、不妊に悩む夫婦は、調査の結果では10組に1組と出ています。

実際、不妊治療に挑もうというときに、気になるのが費用が嵩むことです。中には自治体によっては、医療費を補助してくれる例もあるので、ぜひ申し込みましょう。

これは自治体ごとに請け入れ条件が違いますから、お住まいの自治体の公式ウェブページなどを見る必要があるのです。

妊娠したいと考えて不妊治療に取り組み初めた段階から葉酸を意識的に摂取する事が望ましいといわれています。妊娠する以前に十分な漢方が体の中に蓄積されている事がおなかの中の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果的なのです。


持ちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大切になってきます。妊娠したいと考えている、または、妊娠中の方でだったら、赤ちゃんの順調な成長のため、意図的に漢方を摂取しようとするものです。でも、摂取する量には心に留めておくことが必要です。

過剰に摂取すると、短所があるみたいです。

ぜひ必要摂取量を確認してちょーだい。ご存知の通り、当帰芍薬散は妊娠中の女性の間では、つわりにも好影響を及ぼすと話題です。


これはさまざまな説があるのですが、当帰芍薬散をきちんと摂取できているという安心感により、女性のストレスが軽減され、つわりが軽くなるのではないかと考えられているようです。

どっちにしても、とりワケ妊娠初期は毎度の倍の量を摂るのが理想と言われています。当帰芍薬散は赤ちゃんを創ることを考え初めた段階から妊娠の初期にかけて摂るようにする事が望ましい摂取の仕方とされてて、葉酸は赤ちゃんの先天性奇形を予防するといった効果が高いといわれています。

実際、妊娠3ヵ月頃までの時期は、食品及び漢方薬などからできるだけ摂取する事が大切なんです。


私の飲んだ漢方は、板橋の店で買いました。